過去の当該レース、コース別の人気薄好走血統を抽出

2014年12月5日金曜日

2014金鯱賞の予想

◎クランモンタナ(ディープインパクト×トニービン)

この時期に行われるようになって2年その母父がトニービンのハーツクライ産駒3頭を含めて6頭の3着内馬の内4頭がトニービンを持っていた。

アドマイヤラクティ(父ハーツクライ 12年 3着)
カレンミロティック(父ハーツクライ 13年 1着)
ラブリーデイ(母母父トニービン 13年 2着)
ウインバリアシオン(父ハーツクライ 13年 3着)
また、6頭中ラブリーデイとウインバリアシオンを除く4頭が近3走内に準オープンクラス勝ち上がりの叩き上げであった。母父トニービンで3走前に準オープン勝ちのクランモンタナで。

◯ウインバリアシオン
▲ラブリーデイ
△エアソミュール
△オーシャンブルー
△ユールシンギング